> 生活費をまかなうために利用するキャッシング

生活費をまかなうために利用するキャッシング

私は普通の会社のサラリーマンをしているのですが、もともと浪費癖があり、
趣味のプラモデルをよく買っているのですが、
給料の殆どがプラモデルに変わってしまうので、
生活費をまかなうことができず親にお金を借りて生活していました。

ですが、両親が他界してからは浪費癖を治そうと努力したのですが、
結局ついてしまった癖は治らないのか、浪費癖が治らないまま生活は困窮していきました。

浪費癖がありお金がたりなくてキャッシングしました

そこで、キャッシングでお金を借りることにしたのですが、
月々の支払いは給料と同時に引かれてしまうので、
借金の返済額がプラモデルを買うお金にならないことはとても救いでした。

キャッシングを利用してみて思った事

このように、他機関を経由してお金の管理をするのは、
浪費癖がある私にはとてもあっていると感じました。
また、お金を他機関からキャッシングしているという緊張感があるので、
キャッシングというシステムのありがたみを改めて感じました。
また、キャッシングは限度金額もしっかりとでるので、
程よくお金を借りる事ができるのも最大の利点でしょう。
自己破産が怖くてキャッシングの管理もきちんとできるようになり、
お金の管理はキャッシングから学ぶことができたといっても過言ではないでしょう。

確かにキャッシングの意見は人それぞれだと思いますが、
私にとってはキャッシングはお金の流れを学ぶことができる大切なシステムです。
特に、自分自身のお金の管理がうまくできないため、
他機関のお金には余計に慎重になれたので、
お金の管理がうまくできない人こそキャッシングのシステムは使うべきです。
このシステムを利用するようになり、私の浪費癖は目に見えて改善されました。
このように、私はキャッシングから学んだことがたくさんあります。
お金の重要性、お金の恐ろしさ、それを他機関からお金を借りるという独自の方法で
学べたので私にとってはとても大きなメリットでした。
これからもこのシステムを利用しますが、
当然自己破産には気を付けて利用していきたいです。